Hi, I'm Dhynna!

Let's start speaking bravely

TESL 取得

TESLとはTeaching English as Second languageの略語で、母国語が英語じゃない人に英語を教える授業法のことです。

日本語と英語の違いを熟知

4年間日本人に“話せるようになるための”英語を教えています。そのためなので、日本語と英語のニュアンスの違いや日本人の間違いやすい癖などをよく知っています。

ネイティブ

英語の環境で育ったため母国語は英語です。日本語は独学で、日常会話が話せるぐらいのレベルです。

With the right tools & process - Anyone can speak bravely.

My goal 
My goal is to help students to start speaking bravely as you are - whether it's to express your opinions confidently, travel in a foreign country or communicate in the business world.

生徒さんが勇気を出して英語を話せるようになることが私の夢です。自信を持って自分の意見が伝えられるようになったり、海外旅行をしたり、職場で英語でコミュニケーションがとれるようになった生徒さんの様子を見るのはとても嬉しいです。

 

What I believe
I believe that anyone can learn to speak another language.  Whether you’re shy, bad at expressing yourself, feeling like you’re not good enough - I will help you.

誰でも英語を流暢に話せるようになると信じています。恥ずかしがり屋でも、自分を表現するのが下手でも、自分に自信がなくても、私がサポートします。信じています。

 

My story 
My native language is English but I started learning Japanese myself four years ago.  There was once where I scored extremely well in my JLPT but could barely speak.  But I kept practicing until I could start having conversations with my Japanese friends weekly. I even went on a solo-trip to Japan right before the corona period. 

母国語は英語で、5年前から独学で日本語を勉強しています。日本語能力試験では良い点数が取れるのに、その時は全然日本語が話せませんでした。試験の点数と実際の会話力に差があることが恥ずかしくて、誰にも自分の点数を言いたくありませんでした。その時に、私は絶対に日本語を話せるようになる!と決めたんです。そして、最低限のコミュニケーションが取れるぐらいまでに日本語を練習しました。今は、何人も日本人の友人ができたり、毎週日本人の友達と話をしたり、コロナのちょっと前には一人で日本へ旅行に行ったりしました。

So I understand all the pain of not being able to speak and how to overcome them.  Through learning Japanese, I’ve noticed the many nuanced difference between English and Japanese and wish to share that knowledge to as many people as I can!

なので、言葉を口からうまく出せない辛さはよくわかります。そして、どうやってこの壁を乗り越えるのかもしっています。今まで、多くの日本語と英語のニュアンスの違いを勉強してきたので、できるだけこの私の持っている情報を皆さんにシェアしたいと思っています。

 

Copyright© Bravling